2006年12月07日

がんばれディクシー!

昨日はお仕事がお休みで、いつもよりちょっと朝寝坊の7:30にママさんに起されまだ眠いと思いつつウダウダしているとフィーファとジェミーの目覚ましワン子がお顔をペロペロしに来てディクシーも参戦してくるのが見えたので、顔をそむけようとしたその時exclamation?ん、ディクシーのチンポーが飛び出し腫れあがっている〜〜ぅ犬(泣)
速攻起き上がり2階で寝癖を直しているママに一言「ディクチンポー」と言いつつ素早く着替えママは病院の先生へ携帯電話を鳴らし車(セダン)を飛ばして8時には病院に到着、先生も現状を見て一言「こりゃひどい」すぐにローション・クリームの麻酔をチンポーに塗りチンポーの皮をひっぱて無事に治まったダッシュ(走り出すさま) 一応お薬を貰って一安心してお家に帰りお散歩に行き、バタバタ一日が終わろうとした夜10時前に悪夢が再びがく〜(落胆した顔)横になって眠い(睡眠)しているディクシーのお尻の穴がピクピク動いているのでママさんに何だ〜と言って覗いて見ると、なんと再びチンポーが飛び出ししかも今回は失禁もしているもうやだ〜(悲しい顔) 早く気づいてあげられずに「ごめんよディクシー」とママと言いつつ再び先生の携帯電話を鳴らして車(セダン)をすっ飛ばし10分後には再度病院に到着たらーっ(汗)途中でもとに戻ってくれたのですが一応見てもらい注射器でお薬をチンポーの中に注入してもらい、先生と相談した結果、急遽明日のお昼過ぎに去勢とチンポーの皮の先端を少し広げる手術をさせることにしました〜頑張れexclamationディクシー、6人の兄弟達が応援しているぞ〜犬(笑)ディクシーは7人の中で一番の甘えん坊さんで、バティーとピクシーが喧嘩をするとすぐに「やめろよ〜」と言わんばかりに間に入って仲裁してくれるし怒ることを知らないワン子でお友達ワン子にも一番の人気者なのですわーい(嬉しい顔)そんなディクシーがなんでと思いながらもディクシーにとって手術が一番良い選択かと思うもうやだ〜(悲しい顔)今後も飛び出す事があり得るのでその時にすぐ気づいて病院に行ければ良いがもしパパ・ママがお出かけをして5,6時間そのままで病院に行けなければチンポーが圧迫されて壊死してしまうので、いたしかたがない選択だと思う犬(泣)これから先、ず〜っとディクシーが痛い思いをしないで楽しく生きていてくれることがパパ・ママの願いなのですわーい(嬉しい顔)犬(笑)頑張れexclamationディクシーGood

ディ12.7.JPG
ディ2 12.7.JPG
ディ3 12.7.JPG
親バカですけど、ふっと寂しげなお顔をするディクシーがたまらなく大好きなパパ・ママ


ニックネーム 7人パパ at 20:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする